COMPANY佐川急便について

SAGAWAのDNA

変化と挑戦

時代や価値観の変化を捉え、お客さまに必要とされる存在であり続けるために大切にしてきた佐川急便の根幹にあるDNAです。
創業から現在、そして未来における佐川らしさをキーワードとともに紹介します。

  • Keywords01飛脚の精神こころ

    単にお荷物を運ぶだけではなく、お客さまのために自分が今できることを精一杯実践すること。“お荷物”と“心”を届けることで江戸時代に活躍した「飛脚」になぞらえ、1957年の創業時から大切にしている価値観。「お客さま第一主義」を本当の意味で実践することの難しさとやりがいを感じながら、挑戦を続けています。

  • Keywords02業界「初」

    「お客さまのために」を実現するために挑戦し生み出したさまざまなサービス。「スマートフォンを利用した電子サイン」「CO2排出権付き飛脚宅配便」「『レジリエンス認証』取得」…お客さまの期待を超えられないのなら創ればいい。これまでにない価値を生み出しています。

  • Keywords03全力で応援

    「こうしたほうがお客さまに喜んでもらえる」「これまでにないビジネスに挑戦したい」手を挙げ行動する人を全力で応援すること。年齢に関係のないキャリアアップ、グループ全体での公募制度などを受け皿として用意。従業員数が5万人を超える佐川急便では、日々現場でお客さまと接している1人ひとりの声を大切にしています。

  • Keywords04働き方改革

    経営層と従業員の意見交換の場を定期的に設け、働きやすい環境を整備していくこと。週休3日制度の導入や、月平均残業時間の削減、分業による女性が活躍できるフィールドの拡大などに取り組んでいます。事業だけでなく、働き方も変えていく。

業界規模SCALE

国内での物流市場は、同じインフラの電力業界よりも大きいことをみなさんは知っていましたか?
いつでも好きなモノを手に入れられる時代。物流の需要は今後も国内外問わず、高まっていくと予想されています。
そして今まさに、国内の宅配便の取扱数が年々増えているのを、みなさんは知っていましたか?2018年度の取扱数は、なんと約43億個。
その中で佐川急便は、約12億個。約3割のシェアを占めています。

成長性GROWTH

佐川急便を含むSGホールディングスグループの2020年3月期の営業利益は、754億円で、前年度よりも7%以上拡大しています。
その背景には、“企業間物流(from B to B)”に特化した明確な経営戦略があるのです。