このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

  • リコール・トータルサービス
  • リスクヘッジの重要性
  • 事例紹介
  • よくあるご質問
リコール・トータルサービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらから 法人企業さま専用ダイヤル フリーダイヤル 0120-063-355  メールでのご相談はこちら

リスクヘッジの重要性

消費生活用製品安全法の改正・施行に伴い 、企業の製品事故に関する速やかな報告や製品回収(リコール)は重要な責務となっています。そのため、リコールが発生した時に備え、企業はどういった体制づくりを進めていくべきかが問われています。
大きなリスクを回避・低減するためには、危機管理対策の構築が極めて重要です。

企業のリコールに対する間違った考え方

リコールすべき製品が発覚した場合、目先の利益・損益に捕らわれることは、重大な事態を招きます。
最悪のシナリオを防ぐためにも、危機管理対策の全体像を把握し、実践することが急務となります。

企業の危機管理体制の現状

近年、企業を取り巻く環境の変化のスピードは加速傾向にあり、各企業が直面するリスクが急速に増加かつ多様化しています。
一方で、これらのリスクを適切に管理できる人材が不足していることから、その育成が急務となってきました。

リスクマネジメントの取り組みにおいて多くの企業がどの段階にあるのかを検討するために2003年度に行われたアンケート結果を再度分析した結果、半数以上の企業がリスクの評価も体制の整備も十分でないことがわかりました。
このような企業に必要なのは高度なリスク分析に関する実務指針よりも、リスクマネジメントに組織的に取り組むためにまず何をすべきかを策定することが重要なファクターとなります。

危機管理対策の全体像

企業の危機管理対策においては、いくつかの行程が必要とされます。
各種リスクの顕在化〜実践的トレーニングの実施まで各フェーズを設け、全体像を捉えることが大切です。

リコールの実態について

近年、消費者や行政の観点からは、製品に対するより高い安全性に加え、企業による速やかな法令遵守の発揮が求められており、メーカーが安全・安心な製品を消費者に供給することは、もはや社会的な責務となっています。

また、製品事故や製品の不具合が発生した後の対応として、リコール(製品回収など)を実施する際の方針決定・準備体制の構築・着実な回収の推進などは企業や製品の信頼性に関わる重要なテーマです。
平成19年5月に施行された消費生活用製品安全法に基づく製品事故情報報告・公表制度の施行から昨年末までに、重大製品事故の報告は2,194件、リコールに至ったものは72件、重大製品事故にはならないもののリコールに至ったものは264件となっています。

佐川急便では今までも「商品の回収に関する配送」、「代品の配送」等、デリバリーの分野でお手伝いさせていただいたております。
今後は回収業務だけではなく、お客さまからの多種多様なニーズや社会的な必要性を踏まえた結果、SGホールディングスグループのシナジー(情報とデリバリーの組み合わせ)で更に多くのお客さまのウォンツ&ニーズにお答えできるのではないかと考え、「リコール・トータルサービス」を開発いたしました。
大量の消費者対応を伴うリコール対応は、メーカーにとって決して負担の小さな業務ではないことから、リコール状況・規模に合わせて、体制づくりにも協力いたします。詳細は下記ページにてご確認ください。

ご利用方法などの詳細については【佐川急便サービス一覧「リコール・トータルサービス」】
リコール・トータルサービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらから 法人企業さま専用ダイヤル フリーダイヤル 0120-063-355  メールでのご相談はこちら