このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

  • リコール・トータルサービス
  • リスクヘッジの重要性
  • 事例紹介
  • よくあるご質問
リコール・トータルサービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらから 法人企業さま専用ダイヤル フリーダイヤル 0120-063-355  メールでのご相談はこちら

事例紹介

不具合部品の交換・返品業務(大手販売店さまの場合)

各店舗にて良品との交換作業をその場で実施

大手販売店さまからご依頼されたのは、扇風機の不具合部品交換及び返品業務でした。
第一段階として、初回店舗展示分の約10台に対し、各店舗にて良品との交換作業をその場で行いました。
その後、各店舗に良部品をお届けすると同時に不具合部品と交換いたしました。
返品となった商品は、クライアント様の留置センターへ配送。
こうして、約4千件のリコール業務が完了しました。

不具合商品の告知・良品配達時の同時回収業務(大手ケーブル・電子・電装機器メーカーさまの場合)

顧客側の手間を極力軽減

ケーブルモデム用の電源アダプタ約35万件という大規模なリコール業務のご依頼をお受けしました。
このケースは、第一段階の作業として回収対象顧客に対し、DM発送による告知を行いました。
顧客へ良品のお届けをすると同時に良品配送時の梱包材を使用し、不具合商品の回収を行うことで、顧客側の手間を極力軽減いたしました。
良品配送時に不具合品の同時回収ができなかった場合には、あらかじめ返送用の着払い伝票を貼付した良品配送時の梱包材に、後日不具合商品を梱包していただき、佐川急便の営業所への持ち込み、もしくは集荷のご依頼をいただいた上で、リコール業務を完了しました。

メニューの選択例

上記事例紹介以外にも、業種・リコール規模など様々な状況に応じてサービスメニューを選択していただけます。

食の安全が社会で注目される中、損害の阻止と早急な対応が求められます。
回収率の他、回収業務は全ての消費者に不安を与えない配慮が必要となります。

アパレルの場合、大量生産も多くまた、不特定多数のお客さまの回収が問題となります。先行回収した後、良品や修理品の交換等の対応も承ります。

主に消費生活製品は日常生活の中で使用されることが多いですが、製品の状況によって重要度が異なる為、回収率アップの他、良品の交換等、迅速な対応で顧客の信頼を回復する必要があります。

特定家庭用機器(廃家電6品目)製品は、日常生活の必需品です。
顧客の特定ができる為、早急な伝票発行や回収が可能です。
良品の交換等、迅速な対応で、回収率をアップし顧客の信頼を回復することができます。

ご利用方法などの詳細については【佐川急便サービス一覧「リコール・トータルサービス」】
リコール・トータルサービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらから 法人企業さま専用ダイヤル フリーダイヤル 0120-063-355  メールでのご相談はこちら