脱炭素社会の実現に向けてEnvironment:環境

佐川急便は、CNG(天然ガス)トラックやハイブリッドトラック、電気自動車といった環境対応車の導入、モーダルシフトの推進やエコ安全ドライブによる燃料消費の抑制など事業活動の合理化・効率化を通じて積極的にCO2排出量の削減に努め、脱炭素社会の実現に貢献しています。

関連するSDGs

  • 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 13.気候変動に具体的な対策を

環境に配慮した輸配送

環境対応車の導入

業界に先駆け1990年代から導入を開始 最近8年でその数は2倍超に

「環境対応車」とは従来のガソリン車やディーゼル車に比べ、排気ガスに含まれる大気汚染物質(窒素酸化物・粒子状物質等)や地球温暖化に影響を及ぼす温室効果ガス(二酸化炭素等)の排出が少なく、地球環境への負荷が小さい車を指します。佐川急便では2020年度末で14,489台の環境対応車を保有しており、その割合も年々増加しています。

環境対応車導入の推移
CNG(天然ガス)トラックは、CO2、NOX(窒素酸化物)の排出量が少なく、PM(粒子状物質)を全く排出しないトラックです。佐川急便は業界に先駆ける形で1990年代から導入を開始し、2020年度末で1,835台が稼働しています。
いすゞ自動車が開発した、CO2などの排気ガスを全く排出しないEVトラックの試験運用を2019年4月から開始しています。
一般的なディーゼルトラックよりも燃費が良く、排気ガスの排出量が少ないハイブリッドトラック。

サービスセンターの設置

全国約340カ所で1,500台相当のトラック使用を抑制

1つのサービスセンターにつきトラック使用を3~5台、全センターでは約1,500台分の抑制につながります。

佐川急便ではトラックを使わない「環境にやさしい集配」にも積極的に取り組んでいます。サービスセンターを拠点にして台車や自転車などを使った集配を行うことでトラックの使用を抑えることができ、CO2の排出抑制に大きく貢献しています。

集配用電動アシスト自転車「TRIKE CARGO」

2020年8月より本格導入している業務用電動アシスト自転車「TRIKE CARGO」は、従来の4倍となる150kg(軽トラック積載量の3分の1)までお荷物を積載することができます。

モーダルシフトの推進

列車や船でお荷物を運びCO2排出量をトラックの13分の1に

トラックによる長距離貨物輸送を、大量輸送が可能でCO2排出量が少ない列車や船の輸送などに切り替える「モーダルシフト」。佐川急便ではCO2排出量抑制とつながるモーダルシフトを積極的に推進しています。

日本貨物鉄道と共同開発した電車型特急コンテナ列車「スーパーレールカーゴ」による貨物輸送には、2004年から取り組んでいます。1日の合計積載量は10tトラック56台分に相当します。
トヨタ輸送が運行する専用貨物列車「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」のコンテナを一部使用して中京圏から東北圏へのお荷物の一部を輸送する、異業種合同によるモーダルシフトも実施しています。
佐川急便は環境にやさしい鉄道輸送を認定するエコレールマークに協賛しています。

モーダルシフトによるCO2排出量抑制のイメージ

国土交通省:運輸部門における二酸化炭素排出量(2019年度)から作成

1tの貨物を1km輸送する際のCO2排出量は、トラックと比較して列車が13分の1、船が5分の1程度とされています。

モーダルシフトの進化形「貨客混載事業」

営業運行中の列車やタクシーで貨物と人を同時に運ぶ「貨客混載」。CO2排出量の削減につながることに加え、過疎地域においては雇用の確保や物流の効率化といったメリットがあります。佐川急便では鉄道やバス、乗合タクシーなど地域の輸送事業者と連携し、さまざまな形態での貨客混載に取り組んでいます。

貨客混載事業一覧

モード 事業者 開始 実施地域
バス 東京空港交通 2017年3月 東京都~千葉県(成田空港)
鉄道 北越急行 2017年4月 新潟県六日町市(六日町駅)~上越市(うらがわら駅)
バス 伊予鉄道
宇和島自動車
瀬戸内運輸
2017年9月 愛媛県松山市、八幡浜市、宇和島市、今治市
タクシー 旭川中央ハイヤー 2017年11月 北海道旭川市
タクシー エムケイタクシー
JALエービーシー
2018年6月 大阪府~京都府京都市内
タクシー 山城ヤサカ交通 2018年10月 京都府笠置町
鉄道
タクシー
JR北海道
天塩ハイヤー
2018年11月 鉄道:北海道稚内市(稚内駅)~幌延町(幌延駅)
タクシー:北海道幌延町
タクシー HEYタクシー 2018年11月 北海道当麻町
鉄道 松浦鉄道 2019年11月 長崎県松浦市(松浦駅)~長崎県佐世保市(潜竜ヶ滝駅)
バス 日本工営株式会社 2020年3月 宮崎県西米良村
鉄道 北海道新幹線 2021年3月 新函館北斗駅 ~ 新青森駅
鉄道 九州新幹線 2021年5月 博多駅~鹿児島中央駅

大型集約施設の運営

全国23カ所の大型集約施設で環境にやさしい輸送システムを構築

佐川急便では、各地域で集荷したお荷物を大型集約施設に集約し、行き先ごとにまとめて輸送するシステムを構築しています。トラックの使用台数を削減し、CO2排出抑制や大気汚染防止につなげています。

大型集約施設による輸送フロー

各地域から直行便でお荷物を運ぶ必要があります
各地域から、大型集約施設にお荷物を集約し、行き先ごとにまとめて運びます。

館内物流システム

大型商業施設の「人・モノ・車・情報・施設保全」を一元管理

佐川急便では、各地域で集荷したお荷物を大型集約施設に集約し、行き先ごとにまとめて輸送するシステムを構築しています。トラックの使用台数を削減し、CO2排出抑制や大気汚染防止につなげています。

「GINZA SIX」では、1階のツーリストサービスセンター「TERMINAL GINZA」に宅配カウンターを設置し、通常の宅配便と合わせて手荷物の一時預かり、国際宅配便の受け付け、空港やホテルまでの当日配送等を行っています。

館内物流システムを展開している大規模複合施設(一部)

日本橋室町三井タワー
(東京都中央区)
GINZA SIX
(東京都中央区)
SAKURA MACHI Kumamoto
(熊本市)
赤坂インターシティAIR
(東京都港区)
東京スカイツリータウン
(東京都墨田区)
東京ミッドタウン
(東京都港区)

施設ごとに異なる、立地や規模、テナント構成といった条件を考慮して最適なシステムを提供しています。

スマート納品®

納品時におけるさまざまな課題を「オーダーメイド」で解決

スマート納品®は、納品後のお客さまの作業効率を大幅にアップさせる、業界初のオーダーメイド納品サービスです。深夜・早朝を含む時間帯別納品や、仕分け用のコードを使用し、これまでバラバラに納品されていたお荷物を、商品カテゴリー別、ロケーション別などに事前に仕分けしてから一括で納品します。さらに配達情報サービスと組み合わせることで、到着個数が事前に把握できるだけでなくWebサイト上での一括受領が可能になります。伝票1枚1枚の受領サインが不要になるほか、送り状のペーパーレス化にもなるなど環境にも配慮したサービスです。

スマート納品®のイメージ図

エコ安全ドライブ

ソフトとハードの両面から安全と環境負荷低減を追求

急発進や急ブレーキといった「急」が付く運転操作は交通事故発生のリスクを増幅させるだけではなく、燃料消費のロスにもつながるため、安全に配慮した運転は環境に配慮した運転でもあります。佐川急便では車両の安全運転、CO2排出低減のため、ドライバーの日々の運転行ためについても徹底した指導を行っています。

佐川急便では、アイドリングストップを1997年から全車両で実施しています。アイドリングストップにより、無駄な燃料消費を防ぎ、CO2やNOX、PMなどを含む排出ガスの抑制を実現しています。1日に2時間のアイドリングストップを全車両で実行した場合、1年間(300日換算)で約3万トンのCO2排出を抑制することになります。
佐川急便ではドライバーの交通安全意識と運転マナーの向上を目的として毎年「ドライバーコンテスト」を開催しています。このコンテストは2019年度で27回目を迎えました。
  • 2020年度、2021年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止。

エコ安全ドライブ7カ条

1. ふんわりアクセル「eスタート」の実践

安全面の効果 ゆるやかな発信にゆとりが生まれ、周囲の安全確認が漏れなく行えます。万が一の場合でもすぐに停車でき事故を防止します。
環境面の効果 やさしい発信は燃料消費が少なくすみ、二酸化炭素(CO2)の排出や黒煙をへらすことができます。急発進は燃料のムダです!

2. シフトアップは早目に操作

安全面の効果 シフトアップを早目に行う事により、ゆとりある加速ができ、安全速度と車間距離を保ちます。
環境面の効果 早目のシフトアップは燃料消費が最小であり、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らします。低速ギアの高回転は騒音と燃料のムダです!

3. 交通状況に応じた、低速走行での運行

安全面の効果 定速走行を実施すると、ひとつ先の信号や渋滞を見越した運転ができます。確実に安全確認の範囲が広がりゆとりが持てます。
環境面の効果 アクセルの踏み込みを一定に保つことで燃料消費が少なくすみ、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らします。波状走行は燃料のムダです!

4. 十分の車間距離の確保

安全面の効果 十分な車間距離を保つことにより、追突の危険性が減ります。
前者の運転者の不安(ストレス)を防止します。
環境面の効果 前車と十分な車間距離を取ることで定速走行でき、燃料消費を少なくし、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らします。

5. 早目のアクセルオフでエンジンブレーキの活用

安全面の効果 定速走行との連動で、前車の挙動や道路状況等、先を読んだ運転をするようになり、危険を予測した、防衛運転ができます。
環境面の効果 減速時、早目にアクセルを離すことで燃料供給が完全にカットされ、燃料消費量を最小に抑えることができます。

6. 駐車時は、キー抜き(エンジン停止)の励行

安全面の効果 適切な駐車処置(ギヤロック・サイドブレーキの二段引き)の徹底を行い、自走事故を防止します。車両盗難防止にも効果を発揮します。
環境面の効果 アイドリングストップとエアコンストップで燃料消費量を減少することができます。(エアコンは必要な時以外は使用しない!)

7. 日常の点検・整備と空気圧管理

安全面の効果 整備不良を原因とした交通事故を未然に防ぐことができます。不慮の故障やタイヤ交換等による焦りの事故誘発を防ぎます。
環境面の効果 タイヤの空気圧の不適正は、転がり抵抗が増し燃料費悪化の原因となります。タイヤの偏摩耗を防止し、寿命を延ばします。

エコ(環境)と安全を一体とした運転方法「エコ安全ドライブ7カ条」に基づく指導を徹底し、交通事故発生率の減少と環境負荷低減に努めています。

環境配慮型の物流施設

太陽光発電システムの設置

1年間で一般家庭約51,000世帯1日分の消費電力を発電

佐川急便では2003年度から営業所23カ所の屋上に太陽光発電システムを設置し、再生可能エネルギーを利用しています。
グループ全体でもさらに規模の大きい取り組みを進めています。佐川急便和光営業所が入居する「SGリアルティ和光」では、発電電力を自家消費する方式を採用し、不足分の再生可能エネルギーを購入することで「CO2排出量ゼロ化」を実現しています。

SGリアルティ和光は、天然木を使用した野外デッキや業界初となる最大出力50kWの防災用蓄電設備を備えDBJ Green Building認証制度および、建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」双方において最高ランクである「5つ星」の認証を獲得しました。

LED照明の導入

385カ所の営業所や大型物流施設に導入

LED照明は従来の蛍光灯と比較すると、消費電力が少なく長寿命という特性を有しています。

営業所や大型物流施設385カ所にLED照明を導入し、環境負荷低減に取り組んでいます。
2020年度までに導入したLED照明によるCO2の削減量は約15,000t-co2、電気使用量にして約2,300万kWでした。

関連コンテンツ