佐川急便を知る

飛脚の精神

飛脚の精神とは常にお客さまに誠心誠意尽くすことである

佐川急便がスタートしたのは1957年。
単にお荷物を運ぶだけではなく、お客さまのことを考え、お客さまのために自分がいまできることを精一杯実践することが、「飛脚の精神」の礎となっているのです。
飛脚とは江戸時代に活躍した人々。お荷物を守り、届け先以外には絶対に中身を教えないことを鉄則にしていました。
私たちの仕事は、お客さまのご要望に沿ってお荷物を運ぶことを使命とするビジネスです。常にお客さまの「想い」を考えて行動し、お荷物一つ一つに込められた「こころ」も一緒にお届けする。重要な役割を果たしているからこそ、お客さまとの信頼関係を築いているのです。
常にお客さまに誠心誠意尽くすという「飛脚の精神」は、創業以来半世紀を経た現在も、従業員一人一人にしっかりと受け継がれています。

企業理念

「信頼、創造、挑戦」。当社の企業理念については以下ご覧ください。

人事ビジョン

SGホールディングスグループでは、全従業員が主体的に行動し、それぞれの能力や個性を活かすため、2012年に人事ビジョンを策定しました。人事ビジョンは、人材を育成するための組織風土や多様な働き方を明確にするとともに、従業員一人一人が主体となって行動することの重要さを伝えています。さらに、2013年からは幹部クラスであるGM(グループマネジャー)を浸透活動の推進役として位置づけ、全従業員に新たな価値観を伝える活動を開始しました。
当社グループでは、一人一人が問題意識を持ち、イノベーションに向かって挑戦する風土をつくることが、事業成長に繋がると考えています。

  • GM(グループマネジャー)…グループ経営人材である部長級の従業員を指します。
人事ビジョン

輝く個性

一人一人が個性を伸ばし、その個性を磨き、誰にも負けないものへと輝かせてほしい。

つながる精神(こころ)

全員が同じこころを持ち、一致団結する。常に創業の原点である飛脚の精神を忘れずに新しい未来へ進んでほしい。

広がる世界

さまざまな個性がつながることで視野が広がり、可能性が広がる。そして日本だけではなく、世界で通用する新たな価値を創出してほしい。

佐川急便の事業と成長性

隠れた課題を見つけ出し、物流の最適解を提供します

From B領域を中心にビジネス展開をしているSGホールディングスグループ・佐川急便。
その強みは、セールスドライバー®が収集したお客さまの課題に対し、業種、業態、規模を問わない柔軟なコンサルティング物流設計、そして実行力です。
社会への提供価値の最大化を視野に、先進的ロジスティクス・プロジェクトチーム「GOAL®(GO Advanced Logistics)」やSGホールディングスグループシナジーを最大限発揮してソリューションを提供する。

グループシナジー

物流業界の市場規模:24.0兆円

国内での物流市場は、同じインフラの電力業界よりも大きいことをご存知でしょうか?いつでも好きなモノを手に入れられる時代。物流の需要は今後も国内外問わず、高まっていくと予想されており、物流業界の市場規模も年々拡大しています。

物流業界の市場規模

佐川急便の成長性

佐川急便を含むSGホールディングスグループの2021年3月期の営業利益は、1,017億円で、前年度よりも30%以上拡大しています。

営業利益

人事関連データ

女性雇用比率

女性雇用比率

中途採用比率

2018年度 2019年度 2020年度
正規雇用労働者の中途採用比率 80% 81% 80%

求人に応募する

関連コンテンツ