• ホーム
  • 佐川急便はピンクリボン運動に賛同しています

佐川急便はピンクリボン運動に賛同しています

佐川急便はピンクリボン運動に賛同しています

ピンクリボン運動とは

乳がんの「早期発見・早期治療」の大切さを伝えるために、世界共通のシンボルマークであるピンクリボンをつけ、セルフチェックや定期健診を啓発する運動です。

目的、経緯

佐川急便では、2005年から「ピンクリボン京都」の活動に参加しています。また、2011年からは女性活躍推進に積極的に取り組み“女性が安心して長く働ける職場環境”を目指してさまざまな活動を行っています。

「乳がん検診を会社で実施して欲しい」そんな女性従業員の要望から「乳がん検診の大切さ」を従業員に伝えるため、2014年度から営業所で検診車による乳がん検診をスタートさせました。

この運動を、従業員だけでなく“私たちの周囲の大切な方々にも広げていきたい”と考え、2015年度から10月の乳がん月間で全従業員がピンクリボンワッペンを着用し、ピンクリボン運動に取り組んでいます。

佐川急便の取り組み

車両にステッカーの貼付

車両にステッカーの貼付

2005年
京都で創業した企業として「ピンクリボン京都」の活動に参加。
2005年から10月の「乳がん月間」に合わせて、京都市内の営業車両に啓発ステッカーを貼付し、乳がんの早期発見を啓発するための活動を応援。

啓発ポスターの作成

啓発ポスターの作成

2010年
公益社団法人日本対がん協会の監修を得て、佐川急便オリジナル「乳がん自己触診」啓発ポスターを作成し、佐川急便全営業所の女性用トイレの個室に掲示。
CSR活動の一環として、内閣府・経済産業省をはじめとする要望のあった企業や団体へ2,000部無償配布し、乳がんの自己触診における意識向上を促した。

2011年 5月
関東近郊の女性従業員100名を対象に、外部講師を招いての「乳がん講演会」を実施

2011年 10月
乳がん月間である10月に関東エリアの約1,000名の女性ドライバーが佐川急便オリジナル「乳がん自己触診」啓発ポスターをお客さまに配布
期間中、女性ドライバーはピンクのリストバンドをつけて集配し、乳がんの早期発見・早期治療を促した。

乳がんの検診車の巡回

検診車による乳がん検診の実施

2014年
女性従業員の声から25カ所の営業所で乳がん検診車による乳がん検診をスタート。医療機関の協力を得て約600名の女性従業員が受診。

2015年
10月の乳がん月間中、全従業員がオリジナルピンクリボンワッペンを着用し、お客さまや地域の方へ乳がん検診の早期発見・早期治療の大切さを啓発しました。45カ所の営業所にて乳がん検診車による乳がん検診を実施し、約1,000名の女性従業員が受診しました

2016年
49カ所の営業所にて乳がん検診車の巡回をし、1,000人以上の女性従業員が受診しました

2017年
72カ所の営業所にて乳がん検診車の巡回を予定しています。

佐川急便は、今後も乳がん検診の「早期発見・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動を続けていきます。

よくあるご質問

【ピンクリボンについて】

Q01.「ピンクリボン運動」とはどのような運動ですか?
乳がんの早期発見・早期治療の大切さを伝える世界規模の啓発運動です。「乳がん月間」である10月1日から1カ月間、世界共通のシンボルマークであるピンクリボンをつけ、自己触診と定期健診を促す運動です。
Q02.なぜ佐川急便がピンクリボン運動を行うのですか?
佐川急便では2011年度より女性活躍を推進しており、女性従業員の健康のため、全国の営業所に検診車を派遣して乳がん検診を行っています。その活動を普及させるとともに、検診をより多くの人に受けてほしいという思いから、ピンクリボン運動の趣旨に会社として賛同しています。
Q03.なぜ男性従業員もワッペンを付けているのですか?
全国を集配する佐川急便の従業員がピンクリボンワッペンを着用することで、乳がん検診に気づき、1人でも多くの方が検診に行くきっかけを提供しています。

【さがわ乳がん検診について】

Q01.どのような方法で検診を実施しているのですか?
医療機関の協力を得て、全国各地を検診車が巡回を実施し、従業員ができるだけ勤務時間中に検診できる環境を構築しました。
Q02.お問い合わせはどうしたらいいですか?
乳がん検診、ピンクリボン運動に関するご質問は、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
breast_cancer@sagawa-exp.co.jp(事務局)

2017年度実施について

ピンクリボン、乳がん検診に関するご質問は、下記アドレスにお問い合わせください。

メールアドレス:breast_cancer@sagawa-exp.co.jp(事務局)