事例紹介

お客さまのビジネスを進化させてきた、様々な物流課題の最新事例。

3PL
佐川急便とニチレイロジグループさまとの連携で効率的な物流を実現
生菓子焼き菓子の製造メーカー
株式会社かわいやさま

「物流全般を切り分けた状況で管理することは、生産性の低い状態であることは実感していました。物流全般を総括管理する体制を構築すべく、パートナーとなりうる委託先を探しておりました。」

これまでの問題点

倉庫業務と配送業務を別々の会社に委託していたため、物流オペレーションの管理に不具合が生じ、販売ロスに繋がることがあった。そのため物流全体を総括管理できる環境の実現を望んでいた。

ソリューション

佐川急便と業務提携先のニチレイロジグループさまとの連携による、生産から配送までを引き受ける一貫物流を構築。

効果

物流全体を佐川急便を窓口として一括管理することで、事務的な業務もスリム化でき、物流のクオリティーも向上。

お気軽に、ご相談ください。

お問い合わせはこちら

物流のフロー図 佐川急便を窓口として、物流全体を一括管理

これまでの問題点

  • 物流のコアとなる倉庫管理会社のクオリティーが望んだ水準に達しておらず、常にストレスを感じていた。
  • 窓口となる地場の運送会社の対応についても同様の状況にあった。

ソリューション

  • 佐川急便と業務提携先のニチレイロジグループさまとの連携で3PL体制を構築。
  • お客さまの製造品の保管並びに入出庫作業を受託し、生産から配送までを引き受ける一貫物流を構築。

効果

  • 一括管理体制が、効率的な物流を実現。
  • 他社より倉庫業務をニチレイロジグループさまに委託したことで、品質・コストの両面で効果を発揮。

お客さまの声

株式会社かわいや 取締役 統括部長 山田 泰弘さま

株式会社かわいや
取締役 統括部長

山田 泰弘さま

弊社商品の性質上、営業冷凍倉庫への商品入庫、預け、そこからの出庫、お取引先への配送が一連の流れでコントロールできる事が理想であった。
しかしながら、なかなかこれを総轄運営する物流オペレーションのお取引先がなかった。ある時、佐川急便さんの弊社営業ご担当者にこの話をしたところ、営業倉庫のニチレイロジグループさんをご紹介いただき、弊社の理想に近い形でのオペレーションがニチレイさん、佐川急便さんの連携のおかげで昨年夏以降に構築できた。
以来、ありがたいことに商品の効率的な物流が可能になり、それに伴いコストの適正化にもつながっている。
今後は、更なる合理的な体制の構築を目指していきたい。