• ホーム
  • 持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

Sustainable Development Goal世界を変えるための17の目標

佐川急便の取り組み

佐川急便は、社会課題を解決し、持続可能な社会の実現に向けた活動を積極的に展開しています。

1.貨客混載と地域振興

8.働きがいも経済成長も 11.住み続けられるまちづくりを 13.気象変動に具体的な対策を

<取り組み事例>

2.モーダルシフトの推進

5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も 11.住み続けられるまちづくりを 13.気象変動に具体的な対策を

<取り組み事例>

3.生涯現役社会の構築

8.働きがいも経済成長も 11.住み続けられるまちづくりを 13.気象変動に具体的な対策を

<取り組み事例>

4.レジリエンス強化とエネルギーの多様化(環境対応車の導入促進)

8.働きがいも経済成長も 11.住み続けられるまちづくりを 13.気象変動に具体的な対策を

<取り組み事例>

5.まちづくりと物流効率化(環境、安全対策)

8.働きがいも経済成長も 11.住み続けられるまちづくりを 13.気象変動に具体的な対策を

<取り組み事例>