沿革

1957(昭和32)年 3月 佐川急便創業者・佐川清が京都において京都-大阪間を主体とした飛脚業を開始する
1962(昭和37)年 6月 「有限会社佐川」設立 
1965(昭和40)年 11月 「佐川急便」設立 
1978(昭和53)年 10月 国内100店所目をオープン 
1984(昭和59)年 12月 全国縦貫路線網が完成 
1985(昭和60)年 1月 貨物追跡システムが稼動
1987(昭和62)年 10月 国内200店所目をオープン 
1989(平成元)年 10月 全国トラックドライバーコンテスト(全日本トラック協会主催)で佐川急便勢が初めて総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(史上初の満点獲得)
1991(平成3)年 10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年ぶり2回目、史上2度目の満点獲得) 
1992(平成4)年 6月 出荷支援システム「飛伝シリーズ」サービス開始 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年連続3回目) 
1993(平成5)年 10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(3年連続4回目) 
1994(平成6)年 10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(4年連続5回目) 
1995(平成7)年 10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(5年連続6回目) 
1996(平成8)年 4月 「飛脚航空便」開始 
8月 アトランタ五輪男子マラソンに佐川急便陸上競技部所属選手が2名出場 
1997(平成9)年 6月 社内にエコプロジェクト推進委員会発足 
8月 国内300店所目をオープン
1998(平成10)年 3月 「宅配便・佐川急便(現・飛脚宅配便)」開始
6月 地球温暖化防止の取り組みに対し、エコプロジェクト推進委員会が「環境庁長官賞」受賞 
8月 本社・支社・全国30店所でISO9001認証取得 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(3年ぶり7回目) 
12月 佐川急便西日本ハブセンター竣工
1999(平成11)年 2月 「佐川美術品輸送(現・飛脚美術品輸送)」開始
3月 「飛脚クール便〈冷蔵〉」開始
佐川急便中部ハブセンター竣工 
6月 ホームページで「お荷物お問い合わせ」開始 
8月 新たに192店所でISO9001認証取得。合計222店所に拡大 
9月 インターネットビジネスをサポートする「e's」サービス開始 
2000(平成12)年 2月 携帯電話のインターネットサービスで「お荷物お問い合わせ」「配達受領印要求サービス」開始 
3月 「佐川引越輸送(現・引越サービス)」開始
「飛脚国際便(現・飛脚国際宅配便)」開始
「飛脚クール便〈冷凍〉」開始
「飛脚メール便」開始
「時間帯サービス(現・時間帯指定サービス)」開始
携帯電話のインターネットサービスで「配達完了E-mailサービス」開始 
6月 「e-コレクト」開始 
8月 新たに104店所でISO9001認証取得。合計326店所に拡大
ホームページで「配達完了E-mailサービス」「配達受領印要求サービス」開始 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年ぶり8回目) 
11月 東京・江東区にメールセンター竣工 
12月 執行役員制度導入 
2001(平成13)年 2月 配達完了データのリアルタイム送信開始
4月 多機能送り状発行ソフト「e飛伝(現・e飛伝II)」サービス開始 
8月 本社、全支社、全営業店でISO9001:2000年版認証取得
本社でISO14001認証取得
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年連続9回目) 
2002(平成14)年 2月 ソルトレーク冬季五輪女子モーグルに北海道支社スキー部所属選手が日本代表として出場
12月 環境省より「地球温暖化防止活動大臣表彰」受賞 
2003(平成15)年 3月 「佐川急便グループ(現・SGホールディングスグループ)環境行動」制定
5月 WWFジャパンとCO2削減プログラム(クライメート・セイバーズ・プログラム)に調印 
7月 「e-コレクトショッピングナビゲーション」開設
2004(平成16)年 3月 電車型特急コンテナ列車「スーパーレールカーゴ」運行開始
「佐川ゆうメール(現・飛脚ゆうメール便)」開始
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(3年ぶり10回目) 
11月 「e飛伝Pro」サービス開始 
2005(平成17)年 3月 「e-コレクト」米国にてビジネスモデル特許を取得
4月 「e飛伝産直」サービス開始 
「佐川セキュリティパッケージ(現・セキュリティサービス)」開始 
8月 「e-SAXIS」サービス開始 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年連続11回目) 
12月 第44回電話応対コンクールで佐川急便勢が優勝・総務大臣賞受賞
2006(平成18)年 2月 トリノ冬季五輪女子モーグルに北海道支社スキー部所属選手が出場 
3月 「佐川グリーンメール(現・グリーンメールサービス)」開始
純粋持株会社「SGホールディングス」設立
「e-コレクト」日本にてビジネスモデル特許を取得 
7月 日本赤十字社と救援物資搬送協定を締結
「佐川パソコン便(現・精密機器輸送サービス)」 開始
10月 「e飛伝Web」サービス開始
全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(3年連続12回目)
2007(平成19)年 3月 佐川急便創業50周年を機に飛脚マーク、ユニフォーム、商品名を刷新
6月 「大型家具・家電設置輸送(現・大型家具・家電設置輸送サービス)」スタート 
10月 「受取人確認配達サポート(現・受取人確認サポート)」開始
佐川急便北九州センター竣工
12月 「佐川急便50年史」発刊
2008(平成20)年 2月 「CO2排出権付き飛脚宅配便」開始
8月 北京五輪男子競歩に佐川急便所属選手が出場 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年ぶり13回目)
2009(平成21)年 2月 ワールドサプライを子会社化
佐川急便本社東京本部でISO27001認証取得
3月 「飛脚特定信書便」サービス開始
6月 「リコール・トータルサービス」開始
7月 セールスドライバーの夏季制服としてハーフパンツを導入
「文書保管サービス」開始
2010(平成22)年 6月 「祇園佐川急便」を開設
7月 宅配専用車載ナビゲーション・システム「Biz-Navi」を導入
10月 送り状デザインを刷新
2011(平成23)年 1月 通販事業者向け「商品引取サービス」を開始
3月 ISO9001 認証登録388事業所に拡大
4月 「飛脚マーケティングメール(現・エリアポスティングサポート)」を本格展開
5月 「飛脚特定信書航空便」の取扱を開始
9月 銀座に私設私書箱「飛脚マイボックス(現・あんしん私書箱サポート)」を設置
10月 タッチパネル式送り状発行システム「e飛伝タッチ」を開発
九州支社大分サポートセンターが日本電信電話ユーザ協会主催企業電話応対コンテスト(サービス部門)で最優秀賞を受賞
2012(平成24)年 2月 宅配ボックスを利用した宅配便の発送受付サービスを開始
3月 リコール時などに製品回収を支援する「リバース・ソリューション」を開始
陸上競技部の山本亮選手が、ロンドンオリンピック男子マラソン日本代表に決定
4月 「第21回地球環境大賞 環境大臣賞」を受賞
6月 宅配業界初の24時間電話受付による集荷を開始
宅配便を活用した「家電修理サービス」を開始
陸上競技部谷井孝行選手が、ロンドンオリンピック50km競歩日本代表に決定
8月 商品回収時の返金業務を代行する「商品回収・返金サービス」を開始
12月 都内最大規模の最新鋭大型物流施設を開設(佐川東京ロジスティクスセンター)
2013(平成25)年 3月 「回収サポートシステム」をスタート
4月 博多駅前地区でCO2排出削減に向けた環境省委託事業を開始
九州初「駅設置宅配ボックス」での不在時荷物受け取り開始
5月 STLC内に「家電リペアセンター」を開設
7月 安全運転教育研修サービス、安全管理体制のコンサルティングを開始
12月 「回収サポートシステム」の機能を拡充(簡単便利な回収くん)
2014(平成26)年 4月 「信書回収サービス」の提供を開始
グループ合同の戦略的営業開発チーム「GOAL」を発足
5月 次世代育成認定マーク「くるみん」を取得
物流業界で初めて「カーボン・ニュートラル認証」を取得
7月 「飛脚電報便」サービスを開始
宅配便事業者として初めて使用済小型家電の宅配回収事業を開始
9月 後払い決済サービス「SAGAWA後払い」の提供を開始
10月 入荷業務の効率化を実現するサービス「スマート納品」を開始
提案力と課題解決力を強化することを目的とした新営業戦略「Sクオリティ」を開始
11月 「東京における地区物流効率化認定制度」において、佐川急便の館内物流業務が物流事業者として初の認定
2015(平成27)年 5月 宅配便業界初スマートフォンを利用した「電子サイン」を開始
7月 全国のローソン店舗での「コンビニ受取サービス」を開始
10月 24時間納品対応「スマート納品24」の提供開始
11月 東松山SRCを稼働し物流効率化をトータルサポート
公益財団法人日本電信電話ユーザ協会主催「第54回電話応対コンクール全国大会」において佐川急便出場選手が優勝。佐川急便としては2年連続3回目