HIKYAKUオープンイノベーション
          プログラムHIKYAKUオープンイノベーション
          プログラム

「HIKYAKUオープンイノベーションプログラム」とは

佐川急便では、2020年・2021年に「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」を実施しました。2022年からは「HIKYAKUオープンイノベーションプログラム」を実施しています。
当プログラムは、規模・業界を問わず、さまざまなアイデアや先進的な技術を持つパートナーとともに、佐川急便・物流業界が抱える課題の解決や、新たな事業・サービスの創出を目指します。
いくつかの審査を通過したものは、佐川急便のリソースも活用し、実証実験を行います。
年間で採択した事業案の発表会を実施し、優秀なものは表彰します。

HIKYAKU LABO 紹介映像

パートナーと狙いたい領域

社会をより良く変えていける新しい物流サービスの創出

  • 多様な受け取り方の開発
  • 不在再配達の削減
  • 荷物追跡機能の向上
  • 越境EC支援
  • メディカル物流

社会インフラとしての物流機能の安定供給

  • 遠隔地への効率的かつ安定した配送インフラの維持
  • ラストワンマイル配送の自動化・機械化
  • 集荷、配達員の業務支援
  • 荷物の自動採寸
  • 庫内での荷物自動搬送・自動仕分け
  • デジタル技術を用いた安全の推進

ビッグデータの活用

  • 車両や拠点等で蓄積されているデータの活用
  • 輸配送における積載率や稼働率向上
  • 効率的なルート設計
  • データを活用した新ビジネス

リソース

営業基盤

  • 多種多様な取引先さまとのつながり
  • 全国で集配・営業を行う約3万人のセールスドライバー®と、先進的ロジスティクスプロジェクトチーム「GOAL®の営業力
  • 全国の集配拠点で電話応対を行うカスタマーサポート

物流インフラ

  • 全国429営業所からなる強固な国内基盤
  • 約27,000台の保有車両
  • 交通安全の運転教習所をはじめとする研修施設

※2022年4月1日時点

物流の知識・知見

  • 物流・運送に関する長年の経験による知識、知見の蓄積

SGホールディングスグループ間の連携

  • SGホールディングスグループが有する物流全般のサービスインフラ(3PL、フォワーディング等)
  • Xフロンティアの活用
  • 海外拠点のネットワーク

プログラム概要

現在開催中のプログラムの概要はこちらをご覧ください。

よくあるご質問

Q
エントリー方法を教えてください
A

エントリーフォームからご連絡いただいたものに限らず、すべての案件が対象です。

エントリー方法の例
  • 当ページのエントリーフォームからのご応募
  • HIKYAKU LABO事務局担当者へのメールでのご連絡
  • 佐川急便やSGホールディングスグループの各部門の担当者とやり取りされている案件
Q
エントリーは無料ですか
A
無料です。
Q
プログラムの流れ・スケジュールを教えてください
A

エントリーいただいたものから随時選考を行います。
選考を通過すると、実証実験のフェーズに入ります。
実証実験期間も、エントリー案によって変動します。

名称 概要 目安期間
書類選考 当ページのフォームからエントリーいただいた場合のみのステップです。
他の方法でエントリーいただいた場合は、担当者とのMT等を通じて選考します。
エントリーから原則2週間以内に結果を通知
ブラッシュアップ 佐川急便の担当者と、事業案の詳細を議論いただきます。 約2カ月
プレゼン選考 佐川急便の経営層向けに、実証実験のプランを発表します。
実証実験実施可否を判断する場です。
プレゼン日~結果通知まで約2週間
実証実験 佐川急便のリソースも活用いただき、プランの実証を行います。 約3カ月
(実施内容により変動します。)
最終選考 佐川急便の経営層向けに、実証実験の結果も踏まえた今後のプランを発表します。
継続して検討するか否かを判断する場です。
プレゼン日~結果通知まで約2週間
年度発表会 毎年3月に実施予定です。
同年2月中に最終審査が完了し、発表の準備ができたものが対象です。
優秀な案件を表彰します。
1日
Q
エントリー条件はありますか
A
  • 公序良俗に反しない企画であれば、どなたでもエントリー可能です。
  • 過去にエントリーいただいた方もエントリー可能です。
  • 分野、業種、規模を問わずすべての法人がエントリー可能です。
  • 企業だけでなく、研究機関や公的機関の方もエントリー可能です。
Q
実証実験費用はどこが負担しますか
A
実証実験の内容によって両者で協議のうえ決定します。
Q
知的財産権はどこに帰属しますか
A
案件ごとに両社で協議して決定します。
Q
アクセラレータープログラムとHIKYAKUオープンイノベーションプログラムの違いはなんですか
A
名称 SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM HIKYAKUオープンイノベーションプログラム
対象
  • スタートアップ、ベンチャー
  • 募集ページを通じてエントリーいただいたもののみ
  • 規模・業種・分野を問わずすべての法人、研究機関、行政機関など
  • 募集ページからエントリーいただいたもの
  • HIKYAKU LABO事務局へのメールでのご連絡
  • 佐川急便、SGホールディングスグループ各社・各部門の担当者からの紹介
期間
  • 募集:年に1回、2週間~1カ月程度
  • 審査:3カ月程度
  • 実証実験:2カ月程度
  • 募集:随時
  • 審査:随時
  • 実証実験:案件により異なる
審査 書類選考

動画選考/プレゼン選考1

プレゼン選考2(実証実験可否判断)

デモデイ(実証実験を踏まえた継続可否判断)
書類選考/担当者とのMT

プレゼン選考(実証実験可否判断)

最終選考(継続可否判断)
発表会 最終選考を兼ねた発表会 年度での優秀案件を表彰する発表会

過去のプログラム