広告・宣伝

佐川急便のTVCMをご紹介します。

『共に未来へ』篇

佐川急便の環境課題への取り組みをテーマにした新しい企業CM。
「共に未来へ」篇と「高尾100年の森」篇の二篇となります。

「共に未来へ」篇は、長い歴史を持つ佐川急便の環境課題への取り組みの中で一貫して変わらない企業姿勢を、代表的な事例をもとに謙虚に、誠実に、伝えていく企画です。
業界に先駆けるカタチで始まった環境対応車の導入。環境負荷を低減できる専用列車「スーパーレールカーゴ」の活用。また、「高尾100年の森」を拠点に継続する森林保全活動。
「SAGAWAは一歩一歩、続けてきました。」
「いままでも、これからも、できる限りのことを、誠実に、着実に。」
と語るナレーションに続いて、
「SAGAWAは、グリーンソリューションへ。」
佐川急便では、お客さまの課題にお応えするために創造する先進の物流ソリューションによって、同時に環境課題の解決をも目指していく。この取り組みを総称して「グリーンソリューション」と呼ぶことを宣言します。

そして、このCMでは、これらの取り組みを見つめる「目」が象徴的に描かれます。子どもたちの眼差しです。
「私たちの取り組みは、未来を生きる子どもたちに対して胸を張れるものになっているのか?」
佐川急便は、常にこう自らに問いかけながら一つ一つ努力を積み上げていく。未來へ向う決意を、今回のCMニ篇ではこうしたカタチで表現しています。

『共に未来へ』篇

【ON AIR:2021/09/29~】

『高尾100年の森』篇

意思を持った強い眼差しで、何かを静かに見つめる一人の少年。その視線の先にあるのは…。

佐川急便の環境課題への取り組みを訴求する新CM、もう一篇は「高尾100年の森」篇です。

東京都八王子市に佐川急便が保有する「高尾100年の森」。
ここでは自然共生型社会の実現に向けた取り組みが続いています。2007年から始まったプロジェクトでは、市民の方々、大学などの教育機関、専門家、NPOのみなさんたちとの協働で、森林の保全と里山の再生を目指す活動が「100年」という言葉に象徴される長期的なビジョンで進められています。
またここでは、そのゆたかな自然環境を活用し、次世代を担う子どもたちを対象にした「自然体験教室」を開催しています。
CMでは、こうした取り組みをドローン撮影などを駆使して映しとっていきます。
高尾の森の輝く緑、清らかなせせらぎ、そこに生きる小さな命…。この森で守られ、ゆたかに育まれる自然のありようが美しく描かれていきます。さらに自然体験教室に参加する子どもたちの伸びやかな表情が続きます。

そして、このCMでも象徴的に登場する未来を生きる子どもたちの「目」。
その視線に、取り組みの全てがさらされることを常に意識し、その目に恥じることのない未来づくりへ共に努力していく佐川急便の決意を静かに、熱く、メッセージしていきます。

『高尾100年の森』篇

【ON AIR:2021/09/29~】

『江戸切子』篇

「物流ソリューション創造企業」SAGAWAの先頭を走る、先進的ロジスティクスプロジェクトチーム、「GOAL®」。
その「GOAL®」をテーマに、昨年チームの新メンバー戸田恵梨香さんを迎えてスタートした新たな企業ブランド広告シリーズ。今期は、国内のお客さまの間で需要が高まる「海外へのネット通販」に対するSAGAWAの包括的かつ独自のソリューションを訴求していきます。

舞台は、日本の伝統文化、「江戸切子」製品を扱う専門店。
若き社長は、海外への販路拡大を狙い、ネット通販ビジネスへ挑もうとしています。そこへ、いつものように配達に訪れるSAGAWAのセールスドライバー®。
しかし、社長の口からこぼれるのは初めて手掛ける海外向け通販への不安でした…。社長のデスクには、うず高く積まれたネット通販に関する書籍や資料。すると、ふとしたはずみで、その資料の山が崩れ始める…!その瞬間、時間が止まり、すべてはストップモーションの世界に!

このスリリングなシーンに颯爽と登場するのが、「GOAL®」メンバーの戸田恵梨香さん。
ストップしたままのシーンから巨大スクリーンの空間に移動し、これから海外向け通販を始められるお客さまの不安、心配にお応えするSAGAWA独自のソリューションについて紹介していきます。

さて、現実に戻り、SAGAWAのサポートを体験された社長の感想は、いかに?

息をのむストップモーションという手法を駆使した、今回の「GOAL®」CM。
ユニークな展開の中で、世界220以上の国・地域での現地配送力を強みとするSAGAWAの「海外向け通販」ソリューションの「頼れる実力」を描いていきます。

『江戸切子』篇

【ON AIR:2021/07/29~】

『和風弁当箱』篇

海外でも人気の和風弁当箱を製造するとある企業の社長室。
ありがたく増え続ける注文に応えようと、さまざまな書類と必死に格闘する社長。しかし、自分ひとりでこなすのはもう限界、「手が回らない!」とばかりに机の上の書類を放り出してしまいます。
すると、空中に舞う書類たちがストップモーションに!
そして、その中の一枚をパっと掴んで、「GOAL®」メンバー戸田恵梨香さんが登場します。

ここからは、海外向け通販をより効率よく運営していくためのSAGAWAのソリューションについて、戸田さんからのプレゼンテーションです。
商品を、SAGAWAの大型物流センターでお預かりし、梱包、伝票貼りから通関、現地での配送の手配までを「ワンストップでサポートいたします!」

SAGAWAの包括的なサポートによって、笑顔を取り戻す社長の表情。
達成感を秘める戸田さんはじめ「GOAL®」のメンバーたちの姿。
戸田さんの「ありがとうございます!」の言葉がCMのラストに力強く響きます。

時代の中で変化するお客さまのご要望に、つねに先んじてお応えし続ける、「GOAL®」のソリューション。
今回もフレッシュに、印象的に訴求するCMとなります。

『和風弁当箱』篇

【ON AIR:2021/07/19~】

『SAGAWAなら、お応えできます』篇

SAGAWAの誇る、先進的プロジェクトチーム「GOAL®」。
その新メンバーとして新たに登場した戸田恵梨香さん出演の企業ブランド広告シリーズ第二弾は、「SAGAWAなら、お応えできます」篇です。

CMの舞台は、前作同様お客さま社内の大会議室。
時代の急激な変化の中、サプライチェーンの見直しという新たな課題に向き合われることになったお客さま。お客さま全員が揃われての会議の場で、課題解決に向けたさまざまな質問が戸田さんはじめ「GOAL®」メンバーに投げかけられます。
そのお悩みのひとつひとつを真摯に受け止め、「SAGAWAなら、お応えできます」と丁寧にお答えしていく戸田さんの姿が描かれます。

いま、物流拠点の最適なあり方とは?そのとき、リードタイムは?コストは?そして環境対策は?
こうしたご質問に対し、SAGAWAの強みである、ロジスティクス機能を有する全国の拠点を活用したソリューションのご提供や、トラック台数の効率化による環境対策をご提示する戸田さん。
SAGAWAの、「GOAL®」の、総力をあげて、お客さまの課題解決へ向かおうとする「GOAL®」メンバー戸田さんの力強い言葉が会議室に響いていきます。

どんな変化の中でも、お客さまと共に、課題に立ち向かい、乗り越えていく。
前作「SAGAWAの想い」篇に続き、「GOAL®」の姿勢と決意を、お客さまとのより具体的なやりとりの中で、メッセージしていく、新「GOAL®」CM第二弾です。

『SAGAWAなら、お応えできます』篇

【ON AIR:2020/10/29~】

『SAGAWAの想い』篇

今回のCMから登場する、「GOAL®」の新しい顔、それは若手実力派女優戸田恵梨香さんです。

「GOAL®」とは、佐川急便が誇る「先進的ロジスティクスプロジェクトチーム」。物流各分野のスペシャリストを集め、高度な物流課題の解決に挑むSAGAWAの物流ソリューションのシンボル的存在です。
今回のCMで、戸田恵梨香さんは、その「GOAL®」の若手メンバーを演じます。

CMの舞台は、お客さま社内の大会議室。
お客さまの役員さま全員が揃われて、今しも「GOAL®」からのプレゼンテーションが始まろうとする、緊迫のシーンから始まります。
いま、時代の急速な変化の中で、多くのお客さまがサプライチェーンの見直し、改革を迫られています。こちらのお客さまもそうしたお悩みを持たれています。そうした中、お声がけをいただいたチーム「GOAL®」から、プレゼン冒頭のメッセージが語られていきます。
今日、プレゼンを担当するのは、「GOAL®」若手のエース、戸田恵梨香さん。
落ち着いて、しっかり、明解に、この変化に向き合うSAGAWAの想いを語っていきます。

「私たちSAGAWAに、お手伝いさせていただけませんか」
控え目ながら、自信を胸に語る戸田恵梨香さんに、お客さまたちの反応は…?

「物流ソリューション創造企業」。新たなメッセージと共に始まる、「GOAL®」CMの新シリーズ第一弾。
戸田恵梨香さんのフレッシュな魅力の中に、力強いコトバが印象的に響いていく、スリリングで爽快な展開が「GOAL®」の新しいイメージを描き出していきます。

『SAGAWAの想い』篇

【ON AIR:2020/09/24~】

『母になって』篇

子育てしながら働く、佐川急便の女性セールスドライバーを主人公に描きました。不安や戸惑いでいっぱいの育休中、実家の母親から届いたエールに勇気づけられた主人公が、子どもと一緒に成長し、職場復帰後は自らがもらったエールを届けるべく前進していく――佐川急便のセールスドライバーの仕事の中心にある、「想いやエールも大切に届けている」というメッセージをストーリーの柱にしながら、女性の活躍を推進する佐川急便の企業姿勢を伝えています。

初めての子育てに戸惑う中、実家の母親の手紙に目を潤ませるシーン、子どもが言った何気ない一言に驚き、成長の喜びを実感するシーン、大切な手紙をお守りにしながら職場に復帰し新たな気持ちで仕事に励むシーン…主人公の心の動きが感じられる印象的な場面を重ねながら、働くママたちの共感につなげます。

『母になって』篇

【ON AIR:2018/11/01~】

『母になって』篇(60秒)

『母になって』篇(ロングバージョン)

先進的ロジスティクス・プロジェクトチーム「GOAL®(Go Advanced Logistics)」
2014年に始動。先進的なロジスティクスの提供を通じ、物流の課題解決という『ゴール』へお客さまと共に突き進むグループ横断型専門家集団を意味します。お客さまと共に成長するパートナーとして、いま目の前にある課題の解決だけでなく、潜在的な課題まで敏感にキャッチしながら体制を構築し、物流の全体最適解の提案をミッションとしています。
「セールスドライバー®」(佐川急便の集荷・配達や営業活動を兼ねるドライバー)は、SGホールディングス株式会社の登録商標です。