自然体験学習 高尾100年の森について

「こどもエコクラブ自然体験学習」開催(2016年3月20日)

3月20日(日)、「こどもエコクラブ」の子供たち約20名が遊びに来てくれました。
今回のプログラムは、公益社団法人環境生活文化機構さま主催の「森あそび(ジャンボホットケーキづくり)」です。
まずは地元の食材について考えることをテーマとして、八王子産の新鮮な牛乳と卵を使って、みんなでホットケーキづくりに挑戦!スタッフにつくり方を教わりながら、子供たちは野外で行うホットケーキづくりにワクワク・ドキドキ。ちゃんとできるかな~。

地元の新鮮な食材を使ってホットケーキづくりに挑戦!

地元の新鮮な食材を使ってホットケーキづくりに挑戦!

その後、薪で火をおこし「たき火」をつくり、その「たき火」を使ってホットケーキを焼きました。だんだんと森の中に良い香りが広がってきて…完成!
みんなで協力してつくったホットケーキは、童話に出てくる「ぐりとぐら」のホットケーキのように美味しそうにできました。地元の新鮮な食材に感謝しながら、できあがったホットケーキをみんなで食べました。

完成したホットケーキ

完成したホットケーキ

早春を迎えた「高尾100年の森」では、ニリンソウやおたまじゃくしなど、春を感じることができる植物や生き物を発見することができました。

ニリンソウ

ニリンソウ

おたまじゃくしの大群

おたまじゃくしの大群