自然体験学習 高尾100年の森について

新宿区立西新宿小学校 子どもたちの遠足(2013年04月23日)

4月23日(火)、高尾の森に、新宿区立西新宿小学校の5・6年生約60名が遠足に訪れてくれました。
普段あまり触れることのない自然に親しんでもらえるよう、先生方とお話しながら、ティピー風の基地作りや森の散策、間伐作業の見学など、様々な体験プログラムをご用意しました。
たき火体験では、串に刺したマシュマロを焼き、あつあつのマシュマロを美味しそうに食べていました。中には真っ黒なマシュマロも…!また、間伐材を使った名札作りでは、思い思いのイラストで彩り、完成したカラフルな名札をお互いに掛け合うなど、自然と触れ合いながらみんなで一緒に楽しんでいました。
中でも、川辺で目を輝かせながら生き物を探す小学生たちの姿がとても印象的でした。サワガニの赤ちゃんを見つけ「すごく小さい!」「初めて見た!」など、高尾100年の森に楽しそうな声が響き渡りました。

間伐材を使った名札づくり

間伐材を使った名札づくり

サワガニなど小川で生き物探し

サワガニなど小川で生き物探し

佐川急便社員が森のことについて説明

佐川急便社員が森のことについて説明

全員で記念撮影

全員で記念撮影