高尾100年の森について 高尾100年の森について

苗畑が完成しました(2013年09月24日)

前回に引き続き日本山岳会さんとの共同作業による苗畑作りを行いました。
今回は種を植える場所を4列作り、雨などにより土が流れ出すことを防ぐ土留めを作成しました。これにより苗畑が完成し、早速、森の中からコナラのドングリを120個、オニグルミのクルミを80個採取しました。
地域の里山としての再生を目指す高尾100年の森では、杉などの針葉樹ではなく広葉樹の育成が適しているため、まずは高尾の代表的な種である、コナラとオニグルミを選定しました。
今の時期は「秋播き」となり、秋に植えて春に発芽します。今回は各々1列ずつ種を植えました。残りの2列は「春播き」の際に使用する予定です。
来春、元気な芽が出てくるのが、今から待ち遠しいです!

苗畑作成中

苗畑作成中

完成(4列に種植えが可能)

完成(4列に種植えが可能)

コナラのドングリ※虫食いされていない緑色のドングリが種植えに最適。

コナラのドングリ
※虫食いされていない緑色のドングリが種植えに最適。

オニグルミのクルミ

オニグルミのクルミ