佐川急便での働き方

福利厚生

福利厚生が充実していることも、佐川急便の自慢のひとつ。
社員はもちろん、家族のみなさんにも喜んでいただけるようなイベントやサービスなどを、数多く実施しています。
社員とその家族が気持ちよく暮らせる環境を作ることが、弊社のエネルギーに繋がっていくと考えています。

会社と社員・家族をつなぐ、佐川急便の福利厚生

弊社の福利厚生制度は大きく分けると以下の4つの制度から成り立っています。

  • 国や地方公共団体が法律に基づいて行う制度(社会保険など)
  • 会社の制度(確定拠出年金や表彰制度など)
  • 健康保険組合の制度(医療費の補償や傷病手当金など)
  • 外部のサービス(ライフサポートクラブなど)

福利厚生の中には保養所もあります。
社員だけでなく、その家族も含めて利用が可能であり、仕事とプライべートの調和を図るものとなっています。
弊社の福利厚生制度は他社と比較すると非常に充実した内容になっており、ウェブサイトや社内報などで、情報提供を頻繁に行うことで社員の利用促進を図っています。

佐川急便の「大家族主義」

弊社の創業者が掲げたのは「大家族主義」。
すなわち、社員本人はもちろん、日頃から社員を応援してくれている家族のみなさんも大切にして、事業を営んでいきたい。
そんな思いは、弊社の福利厚生にも色濃く現れています。

たとえば、毎年ゴールデンウィークに開催されるイベントである「SGホールディングスグループ スポーツフェスティバル」。
日本全国からグループ会社の社員たちが集まり、家族のみなさんにも楽しんでいただけるよう、ユニークな競技を行います。また、有名アーティストのライブコンサートなど、たくさんのイベントを用意しています。

充実の全国保養施設・契約リゾート施設

全国の保養施設や契約リゾート施設など格安の料金で利用可能であり、充実したプライベートを提供することで社員のがんばりを応援しています。

保養施設

レークさがわ

瀬戸内パーク

スポーツ施設

SGホールディングス
グループ健康保険組合
守山球場

SGホールディングス
グループ健康保険組合
総合体育館

SGホールディングス
グループ健康保険組合
守山陸上競技場

海外研修の実施

弊社では、海外のさまざまな文化に触れて見聞を広め、今後の営業活動に役立てて欲しいという願いのもとに、1979年より海外研修を実施しており、現在までにのべ7,000名程の社員が参加しています。 1998年からは、異文化との触れ合いから、その歴史や価値観などを学ぶ一般研修と、海外の物流体制をしっかりと学ぶ総合研修に分かれ、より有意義な海外研修となりました。
2000年におこなわれたアメリカ総合研修では、スリーエムやゲートウェイを始めとした世界トップクラスの企業への訪問や、スタンフォード大学やミネソタ大学などではMBAの受講などを行いました。

また、より一層、女性社員が活躍できるフィールドを広げるため、職場のリーダー的役割を果たしている女性社員を対象に、2004年度からはアジア研修を実施し、グローバルな視点にたった人財の育成に注力しています。
業界の枠を越え、世界のトップ企業・話題企業を訪問、視察することで見聞を広め、これらの経験をもとに自己の基礎能力を高めて、弊社の将来を担う人財の育成を目指しています。

福利厚生一覧

制度 各種社会保険、グループ生命共済等各種保険制度、災害等特別補償、災害補償共済、慶弔見舞金、育英年金制度、退職金制度(確定拠出年金)、財産形成預金、財形住宅融資、貸付金制度、運転免許取得支援貸付金制度、表彰制度、海外研修制度、ライフサポート倶楽部、制服貸与(職種により異なる)等
休暇 年次有給休暇、育児休業、介護休業、特別休暇(結婚・出産・忌引)
保養所 レークさがわ、瀬戸内パーク