営業所の紹介

こんにちは!「はこぶくん」です。
賑やかな住宅街と商店街に囲まれた杉並営業所は、どんな営業所なのでしょう。
布施所長、紹介よろしくお願いします!

杉並営業所 布施慶一 所長のプロフィール 前職は自動車の整備士でしたが、自分で運転をする仕事がしたくなり、1991年に佐川急便 千代田営業所へ入社。中野営業所の所長を経て、2015年から杉並営業所に勤務しています。
休日は妻とサーフィンを楽しんだり、娘たちの空手の稽古に付き合ったりしています。

こんにちは!佐川急便 杉並営業所の布施です。
明るい笑顔とチームワークが自慢の、私たちの営業所をご紹介します。

住宅地の広がる杉並区。宅配が業務の中心に

名前の通り、東京都杉並区が私たちの担当地域です。エリア内には住宅地や商店街が広がり、高級スポーツカーがたくさん売れている浜田山をはじめ、高級住宅街も多くあります。そのため、ドライバーの業務も個人宅への配達が中心です。住宅街などの車が入りにくい場所では、台車を活用する「セールスデリバリー職」の皆さんも活躍してくれています。
住宅地には女性のお客さまが多く、「配達に来る人が女性だと安心する」というお声も増えているので、今後は今まで以上に「女性が全面的に活躍する営業所」にしていきたいですね。

7階建てのビルを毎日巡回! チームワークが命です

杉並営業所の特徴は、地下2階、地上5階の営業所ビルです。積み込み作業場もほとんどが屋内なので、雨でも雪でも心配いらず。広々とした洗面スペースや休憩室もあり、過ごしやすい環境です。
私の日課は、ビル内を最上階から最下階まで掃除しながら見回ること。各フロアの皆さんと話しながら、職場環境に問題がないかチェックします。フロアごとに部署や作業場が別れているので、毎日必ず全ての場所に顔を出してコミュニケーションを取っています。

私たちの仕事にはチームワークが不可欠なので、所内で行うイベントにも力を入れています。例えば「所内表彰式」では、業績優秀な方をみんなの前で表彰し、ささやかですが賞品も贈呈しています。表彰状を自宅に飾ってくれている方もいて、私自身も嬉しくなります。
他にも、夏には休憩室でかき氷を用意したり、年末の繁忙期には集配を終えて戻ってきたドライバーに手作りの軽食を振る舞う会を開いたり…。
従業員同士の交流を深めることで、チームワークの向上を図っています。

「長く勤めたい」、その気持ちを全力フォロー!

写真のお二人は、産休から復帰して、杉並営業所に戻ってきた方たちです。
嬉しいことに、復職を希望する方が多いので、私たちも休職中の作業の引き継ぎや復職時のケアなどを徹底し、営業所全体でフォローしています。これがモデルケースになり、「杉並営業所で長く勤める」将来設計をする従業員が増えたら、一番嬉しいです。
ちなみに、今年は「育メン」もいて、今まさに子育て奮闘中です!

明るい笑顔で、「長く働ける営業所」を目指します!

私が常に目指しているのは、「明るい仲間と一緒に、長く働ける営業所」です。
実際、20年以上ここで働いている方もいますし、ご夫婦で勤務され、お子さんも佐川急便の職場体験に参加された…というご家族もいます。ご希望に応じて、仕事と生活を両立しながら、短期でも長期でも働ける環境を整えています。
ぜひ、一緒に働きましょう!

杉並営業所を訪ねて
布施所長と一緒に営業所ビルの“見回り”をしてみました。洗面スペースや休憩室は、どこもピカピカに掃除されていてとても明るい雰囲気。また、業務上の注意点を分かりやすく伝える手作りの掲示物もたくさんあり、中には新入社員の方の顔写真入りポスターも。「新人さんの顔をいち早く覚えてもらいたくて」という言葉に、本当にビル隅々まで「所長の目」が行き届いているんだな、と驚きました!

取材日:2016/08/26