営業所の紹介

こんにちは!「はこぶくん」です。
北の大都市・札幌。その北区を担当する札幌北営業所を訪ねると素敵な笑顔の所長が出迎えてくれました。
山田所長、プロフィールと営業所の紹介をお願いします。

札幌北営業所 山田大輔 所長のプロフィール 1996年に佐川急便 旭川営業所に入社しました。
その後、富良野、札幌東、釧路、旭川営業所(名寄営業所兼務)への異動を経験し、2015年1月から札幌北営業所の所長として勤務しています。
趣味は「家族」と言えるくらい、家族と時間を大切にしており、休日は必ずみんなでスーパーに買い物に行きます。

こんにちは!佐川急便 札幌北営業所 所長の山田です。
皆さんに営業所の雰囲気が伝わるよう、頑張って紹介します!

市内最大級の住宅区域を、約60人のドライバーで集荷・配達

担当区域は営業所の名前どおり、札幌市北区です。札幌10区の中では最も人口が多く、市内最大級の住宅区域をセールスドライバー®33人、宅配を委託している協力会社のドライバー26人で集荷・配達しています。北海道大学の他、教育機関がたくさんあるのも特徴の一つです。
営業所の皆は、何事も意欲的で素直ですね。ママさんドライバーも活躍しており、子育てと両立しながら頑張っています。明るく笑顔が似合う素敵な女性で、お客さまからも大人気なんです!
また電話応対を行うカスタマーサービス職には、ドライバーをしっかりサポートしてくれる落ち着いた雰囲気の従業員が多いですね。

朝礼と月1回のピカピカデーでコミュニケーション

毎日の全体朝礼では、指示事項を皆に分かりやすく伝えることを心掛けています。
また、係長と一緒に、皆さんの車両をピカピカに磨く「ピカピカデー」を月に1回設けています。掃除をしながら従業員や協力会社の皆さんと、上司・部下の垣根を越えて他愛もないおしゃべりをしています。普段、直接話す時間がなかなか取れないので、コミュニケーションの大切な時間になっていますね。

こういったコミュニケーションの中で、「作業場が手狭で、時間が掛かっている」という課題があることがわかりました。
そこでお荷物を車両に積み込むスペースを増設し、効率化が図れたことで作業時間がぐっと短縮され、皆が喜んでくれています。

営業所の元気なスタッフを紹介!

花形の職種であるセールスドライバー®では、若手が中心となって頑張っています。
イケメン20代の男性ドライバーは、常に成績トップで頼もしい存在です。
お客さまからの信頼も厚く、ゆくゆくは営業所を背負って立つ存在になるのでは…と期待をしています。

仲間同士、助け合いながら楽しく仕事をしています!

札幌市の中でも北区は住みやすく、年々人口も増加している地域です。札幌北営業所もそれに伴いお荷物の取り扱い量が増加しており、今後、さらに伸びることが予想されています。
忙しい毎日ですが、皆で声を掛け合い、ときには助け合いながら業務に取り組んでいます。従業員は、気さくで面白い人たちばかりです。
新しい仲間を、全員でお待ちしています!

札幌北営業所を訪ねて
「女性と話すときは、ちょっと緊張しますね」と、照れながら笑うシャイな山田所長。どんな質問にも、一つひとつ丁寧に答える姿に、温かな人柄が垣間見えました。
営業所の雰囲気も、所長の人柄そのまま。当日はあいにくの雨模様だったのですが、撮影中に、側にいた方がサッと傘を差しかけてくださるなど、従業員の皆さんの思いやりに溢れた営業所でした。

取材日:2016/06/20

「セールスドライバー®」(佐川急便の集荷・配達や営業活動を兼ねるドライバー)は、SGホールディングス株式会社の登録商標です。