仕事インタビュー

物流コンサルタントとして、お客さまの事業を支援しています。

山口 洋平 営業開発部 営業開発課 本社スタッフ職
2008年度入社
経営層の方々とお話をすることも多く、会社を代表する立場で責任ある発言をしなければなりません。自社の取り組みはもちろん、お客さまの業界動向を調べ事前準備は欠かさないようにしています。

戦略的な物流構築が、佐川急便の本当の姿

セールスドライバー®を経て、現在は営業開発部で仕事をしています。この部署は、飛脚宅配便や飛脚メール便など、既存のサービス単独で対応しきれないご要望に応える物流(ロジスティクス)を提案する役割を担っています。グループ会社には、国際物流、人材派遣、オフィス移転など、さまざまなサービスを提供できる会社があるので、連携しながらオーダーメイドのロジスティクスを提案、実施します。
仕事の流れとしては、まずお客さまから、どんな要望があるのか、どんな課題があるのかをヒアリングします。あわせて倉庫や仕分け、配送の現場も拝見しながら、工程に無駄や無理がないか、現状の課題を洗い出していきます。
経営層の方とお話することもよくありますが、現場のスタッフの方と話すことも欠かせません。経営から現場まで複数の視点を持ってプランを練らなければ、いい提案ができないからです。

案件を担当するごとに深まる知識

例えば繁忙期とそうでない時期の荷物の量に大きな差があることが課題という場合。グループ内の佐川グローバルロジスティクスやSGフィルダーというアウトソーシングを行っている会社と連携して、作業量の波にあわせたシフトを組んで業務を受託するという解決策を提案します。業務を委託するだけでなく、現場の作業マニュアルを作ったり、研修をしたり、実際に稼働できるまでお手伝いします。
解決策がわからないとか、人手がかかるのは仕方がないと諦めているお客さまも見受けられます。そうしたお客さまを支援するのが、私たちの仕事ですね。
さまざまな業種業態のお客さまとの仕事ですから、打ち合わせのとき、聞いたことのない専門用語がたくさん出てきます。もし、わからないことがあれば徹底的に調べるようにしており、案件を担当するごとに知識やスキルが上がることを実感します。セールスドライバー時代、自分の営業スキルの限界を感じて営業を諦めていたお客さまにも、いまなら提案できると思えるほど自信がつきました。

ひとりでは完結できないチームの仕事

お客さまの課題解決を考える一方で、弊社の現場スタッフの負担も、できる限り少なくすることを考えなければいけません。そうしないと現場の理解が得られず、せっかくのいい提案も机上論で終わってしまいますから、いつも気をつけています。
自分で一から作り上げた提案を採用していただき、評価されたときは、一番、やりがいを感じますね。
この仕事は、ひとりで完結できるものではありません。佐川急便および、SGホールディングスグループ各社とのチームワークが不可欠です。いい仕事をするために、定期的に行っている交流会を利用して、日頃からコミュニケーションを深めておくようにしています。

「セールスドライバー®」(佐川急便の集荷・配達や営業活動を兼ねるドライバー)は、SGホールディングス株式会社の登録商標です。