TMS

事例紹介

共同配送

Case Study

グループ会社の納品代行ノウハウで
工場から百貨店店舗内へ直納

米菓子・和菓子の製造

O社

納品代行を行うワールドサプライとの連携により、工場から全国の約1,300店舗(臨時店舗含む)へ直接納品。

これまでの問題点

  • 販売機会損失 既存の運送事業者から出荷制限をかけられ販売機会損失の懸念があった。
  • 破損事故の多発 既存の運送事業者では破損事故が多発しており、改善がされなかった。

ソリューション

  • 運用計画の提案 現状のお客さまの不満や改善要望等をヒアリングしたうえで、運用計画を提案。
  • 破損事故対策 破損事故を避けるため、ワールドサプライによる直接集荷、もしくは当社がチャーター輸送を実施。また、荷物が集中する時間帯を避けて発送。
  • 百貨店への直接納品 百貨店に入る店舗へは、館内配送を行うワールドサプライが担当。

効果

  • 出荷制限がなく計画通り納品することができ、販売機会損失の心配がなくなった。
  • 工場から店舗まで商品の積み替えが最小限になり、破損事故が削減された。
  • ワールドサプライは、同じ百貨店で別店舗に納品する商品も配送しているので、一括配送でコスト軽減につながった。
  • 定例会を実施し、PDCAサイクルを回すことで配送品質が上がり、継続的な安定供給が可能となった結果、売上げ拡大にもつながった。
  1. 配送先を基準にSAGAWA、ワールドサプライの判定を行います。(基本システムにて登録管理)
  2. 繁忙時期や諸問題に対応しアナログでの振り分け可能な運用

CUSTOMERinsights

お客さまの声

O社

生産管理部署 マネージャーさま

弊社の商品を販売していただいている全国のお得意さまに、これまでのリードタイムで商品を供給できなくなる事態が発生しました。最悪の場合、出荷先・出荷量の制限がかかる可能性もあった非常事態のなか、佐川急便に相談したところ、迅速な対応と提案のおかげで、これまでと変わりない安定供給の体制が整いました。
出荷倉庫での打合せにも何度も来てもらいましたが、嫌な顔ひとつすることなく「どうやればできるか?」という視点で、親身になって考えてくれたことが心強かったですね。これからも、課題を改善しながらお取引きをさせていただくつもりです。