TMS

事例紹介

JIT納品

Case Study

大型建造物の製造現場にも、
必要なときに、必要なものを、必要なだけ納品

製造業

日立物流が倉庫運営・製造工場との連携を担い、当社が工場・倉庫間の輸送と倉庫・現場間のJIT納品を実施。両社グループの強みを生かした物流ソリューションを実現した。

これまでの問題点

  • 無駄な車両 10カ所の倉庫に点在して保管されている資材を回収するため、コンテナ車によるミルクランが発生していた。
  • 分散している倉庫の在庫管理 外部倉庫が10カ所に点在していたことで保管効率が低下、正確な在庫管理ができず過剰生産が発生。施工計画に合わない納品がされていた。
  • 拠点の立地 倉庫が関東地方、作業現場は東海地方と離れており、納品後、倉庫に資材を引き取りに戻る際に他の輸送がなかったため、約500kmを空コンテナで戻る無駄があった。

ソリューション

  • TC倉庫の設置 点在していた倉庫10カ所を閉鎖し、作業現場の近くに日立物流のTC倉庫を設置。
  • TC倉庫と製造工場のシステム連携 日立物流のTC倉庫と製造工場とのシステム連携で正確に在庫を把握。
  • シンクロ納品 TC倉庫から作業現場へJIT納品。JIT納品の鍵となるシンクロ納品のノウハウを持つ日立物流の協力。

効果

  • 現場の近くから作業スケジュールに合わせて、必要なものだけを納品できるようになり、資材の保管スペースを少なくできた。
  • 作業現場の近くの倉庫に集約することで、無駄なミルクラン、空コンテナの課題を解消できた。
  • 製造と倉庫で在庫情報を共有することで、製造と輸送在庫管理を適正化できた。