TMS

事例紹介

ミルクラン

Case Study

アパレルの小ロット、多頻度納品の負担を解消

アパレル量販店、メーカー、卸

アパレル量販店と関連企業70社

中部地区に点在するアパレルメーカー・卸のお客さまに特化した、商品の巡回集荷を提案。加えて全国にある量販店物流センターへの納品を共同配送することでコストを削減した。

これまでの問題点

  • 多頻度納品による負荷 小ロットで多頻度納品が求められる量販物流センターへの納品は、アパレルメーカー、アパレル卸各社にとって、車両手配の業務負荷がかかり、また、物量に見合わない輸配送コストが負担になっていた。

ソリューション

  • ミルクラン 中部地区に点在するアパレル関連企業各社から出荷される、特定の量販店向けの商品をミルクランで対応。
  • 一宮SRC(佐川流通センター)へ集約。
  • 専用便による共同配送 納品先となる全国の物流センター別に仕分けを行い、専用便による共同配送を実施。

効果

  • ミルクランと専用便による共同配送により、積載効率の高い運用を実現したことで輸配送コストを削減できた。
  • アパレルメーカー、アパレル卸の利用社数は70社まで拡大。多種多品目の商品の納入がスムーズに行われるようになった。
  1. 日々70社のお客さまから特定の量販店向けの商品をミルクラン
  2. 一宮SRCにて物流センター別に仕分け
  3. 専用便で各社の商品を共同配送