トータル・ソリューション

ビジネスの複合的な課題を見極め、物流全体を最適化。

コンサルティング

拠点配置や輸配送方法の見直し、庫内オペレーション、保管方法等、お客さまの物流を様々な角度から診断し、改善します

弊社のコンサルティングは、分析フェーズと実行フェーズに分かれております。分析フェーズでは「現状分析」「課題抽出」のプロセスを経て、効率化によるコスト削減に向けた物流改善案のご提案を行います。実行フェーズに移行する際も改善アクションプランの策定を行い、具体的な数値目標「KPI設定」、アクションプランを実行、効果検証までをお手伝いさせていただきます。

全体の流れ

コンサルティング全体の流れ

データ分析の一例

データ分析の一例

様々な分析を通じて、最適な出荷拠点配置、輸配送の効率化、保管や作業導線の検討、余剰在庫とトランザクション方式の検討、配送エリアの可視化など、物流の効率化に対する課題を抽出いたします。

顧客メリット

  1. 効率化による輸配送コスト削減
    弊社の強みでもある、輸配送ネットワークを軸に、複雑化した輸送ネットワーク全体の把握・モニタリングを行い、輸配送コスト・物流品質が最良となるディストリビューション体制を策定します。
  2. 物流センター運営コスト削減
    業務フローを精緻なレベルで明確化、特殊作業や属人的な作業の見える化、平準化を実行します。各種業務の平準化された物流オペレーションは、合理化の追求と生産性の向上により、ローコストオペレーション体制の構築へと繋がります。
  3. 最適な物流システム導入支援
    必要な情報システム機能の抽出を行い、現場作業の効率化を見据えた機能の実装、落し込みを行うことで、作業生産性向上などの効率化をシステム面から支えます。