事例紹介

お客さまのビジネスを進化させてきた、様々な物流課題の最新事例。

グローバルロジスティクス
日本酒を世界へ。冷蔵・冷凍物流との連携で、国内から海外へのワンストップ物流をトータルサポート。
食品製造業(酒類醸造業)
株式会社小堀酒造店さま

海外販路の拡大に向け、海外へ冷凍品の輸送をトータルサポート。日本食ブームを背景に増加する海外からの受注に対応。

これまでの問題点

これまでも日本食ブームにより海外で評価の高い日本酒の輸出はおこなっていた。海外のバイヤーより凍結酒という凍らせたまま保存・流通させる純米吟醸酒のオーダーがあり、物流企業の複数社へ問い合わせをしたが、-18℃以下で冷凍品の輸送ができるところはなかった。

ソリューション

国内から海外までの冷凍品輸送をサポート。煩雑な輸出手続き(酒類免税申請など)や輸出梱包作業もグループ企業のSGHグローバル・ジャパンが代行。

効果

冷凍品においてもスムーズな輸出取り引きができ、新しい商品の販路が拡大できた。

お気軽に、ご相談ください。

お問い合わせはこちら

  1. 佐川急便にて集荷した商品をニチレイの保冷施設を連携利用し、最適な温度管理を実現。
  2. 飛脚クール便にて関西空港に輸送。
  3. 独自のパッキングにて積載。SGHグローバル・ジャパンにて輸出通関後(再梱包・酒税など)、保冷国際航空輸送にて上海浦東空港へ国際輸送。
  4. 輸入パートナーさまが取り引き先の日本料理店さまへ納品。

これまでの問題点

  • 海外のバイヤーから凍結酒の引き合いがあったが、冷凍品の輸送ができる物流企業はなかった。
  • 冷凍品輸送の温度管理の品質に心配があった。

ソリューション

  • 佐川急便の飛脚クール便と連携することで高品質な冷凍品の輸送を実現。
  • 煩雑な輸出手続き(酒類免税申請書)や輸出梱包作業もSGHグローバル・ジャパンが代行。

効果

  • 冷凍品においてもスムーズな輸出取り引きができ、新しい商品の販路が拡大できた。
  • 輸出先でもSGホールディングスグループの海外法人の拠点を通じたサポートにより、現地での状況把握含め、国内から海外までの一元管理に繋がった。

お客さまの声

株式会社小堀酒造店 執行役員 総務部 部長 橋本幸一さま

株式会社小堀酒造店
執行役員 総務部 部長

橋本幸一さま

弊社は約3年前から、上海への日本酒の輸出を始めた。これまでは船便を利用し、常温で輸出をしていたが、今回初めて上海から珍しいお酒がないかといった相談があり、凍結酒を紹介したところぜひ輸入したいと申し出を受けた。
そこで、これまでの委託先やタイなどへの輸出で取り引きのあった運送会社などいくつか問い合わせたが、どちらも冷凍物の輸出については良い返事をいただけなかった。
そのような折、佐川急便さまが訪問してくださり、相談するに至った。当時、佐川急便さまがこのようなご相談に乗っていただけるかわからなかったが、どんなことでも相談しようと考え、色々と課題をぶつけさせていただいた。これまでの船便での輸出とは形式も異なり、我々にも知識が無かったが、温度管理の徹底だけでなく、グループ会社のSGHグローバル・ジャパンさまと連携のもと、輸出に伴う書類の作成など通関手続きの代行まで一括で請け負ってくださるということで、大変心強く思った。国内配送から海外の通関までワンストップで管理してもらうことで、現地に到着してからの様子も随時報告があり、さらに信頼できるようになっていった。
今回の経緯を受け、今後さらに新たな案件を検討する際には、まず佐川急便さまに相談したいと考えている。ビジネス拡大に向け、さらなるサポートを期待している。