事例紹介

お客さまのビジネスを進化させてきた、様々な物流課題の最新事例。

スマート納品®
お客さま専用コードを活用した事前仕分けで、納品をスマートに
イベント会場(貸会場)
ポートメッセなごや 名古屋市国際展示場さま

イベント会場ごとにエリアコードを設定することで事前仕分け納品が可能に。

これまでの問題点

会場の搬入出は、業種業態の異なるイベント主催者さまの誘導によって行われるため作業に統一性が無く、搬入方法も異なっていた。また、荷受用の人員配置も主催者さま側の負荷となっていた。

ソリューション

弊社が物流部門の窓口となってハンドリングを行い、事前仕分け納品による効率化、納品完了までの滞在時間の短縮にこだわる納品を行う。

効果

時間帯別・エリア別納品をすることで、完了時間の前倒しや滞在時間の大幅な短縮を実現。また、中継センターからの直接納品により、早朝からの搬入を開始。

お気軽に、ご相談ください。

お問い合わせはこちら

お客さま専用コード使用の見取り図

お客さま専用コードを取得し、さらに各館内でエリアを決めエリアコードを設定する。これにより、営業所や中継センターにて事前仕分けが可能となり、早朝納品やエリア毎に事前仕分けした状態での納品が実現する。

これまでの問題点

  • 業種業態の異なる主催者さまによるイベントである為に、取扱商品の形態や、搬入方法が異なり、イベント会場は頻繁に混乱していた。
  • 主催者さま側で搬入出の人員配置などの対応は行っているが、大きな負荷となっていた。

ソリューション

  • ポートメッセなごやさま専用コードとエリアコードを設定して活用した。
  • スマート納品®のロジックを使用して、納品車両の集約や搬入出時のタイムスケジュールを作成。
  • カテゴリー別の事前仕分け納品を行う事で効率化を図り、会場での滞在時間を最小限に抑える。

効果

  • エリア別に事前仕分けを済ませることで、ホール内の出展者さまブースまでスムーズな納品が可能となり、お客さまの負荷作業が払拭された。
  • 中継センターからの直行便をタイムスケジュールで管理することで、納品完了時間を大幅に前倒しすることができた。

お客さまの声

ポートメッセなごや 名古屋市国際展示場 ご担当者さま

ポートメッセなごや 名古屋市国際展示場
ご担当者さま

イベント会場(貸会場)であることから、搬入出時のハンドリングは全て主催者さまが行っております。当然、業種も違えば取り扱う商品も異なるために、搬入出方法が異なり、時には混雑する事も御座います。そんな中、『スマート納品®』を熱く推奨された為、主催者さま、出展者さま、全てのホール関係者の効率化が図れればと思い、お問い合わせいただいた主催者さまへのご紹介を行いました。私共は物流部門担当である佐川急便を紹介するだけではありますが、物流分野のプロに搬入出時のアドバイザーとなっていただくことは、多くの問題が解決され、主催者さまや出展者さまから高い評価をいただいております。