ケーススタディ

インタビューで明かされる「GOAL」の課題解決力。

3PL

ワインの輸入・在庫管理から梱包・発送まで、アサヒロジ×佐川急便の物流サービス

アサヒロジ株式会社さま

アサヒロジ株式会社
東京支社 品川支店 支店長

馬場 さま

アサヒロジ株式会社さまは、アサヒグループで培った安全と高度な輸送品質を第一に、独自の配車ネットワークで物流企画から運営までをされています。また、高い技術力が要求される酒類・飲料物流で確立したノウハウを生かし、正確で効率的な倉庫管理を提供されています。弊社はアサヒロジさまのワイン保管、配送業務の効率化はもちろん、SGホールディングスグループの様々な部門の総合力を活用して、業務のご提案をしています。

既存グループ拠点にも輸入港にも近い絶好の立地

馬場さま:ワインの業務ですので「アサヒグループのインフラを最大限活用してシナジー効果を発揮し、お客様の期待を超えるサービスを提供すること」を課題として考えていました。とはいえエノテカさまから受託する業務の規模は大きく、アサヒグループの拠点だけでは余裕がありませんでしたので、新たに倉庫を探す必要がありました。提案された倉庫は当社グループの主要拠点と輸入港の両方に近いことが魅力でした。

施設全体がワインセラーのような定温管理

馬場さま:倉庫内は全館空調機完備で定温管理が可能であること、また天井の高い区画は保管業務、低い区画は流通加工作業にと使い分けることができました。

担当者:デジタル制御の最新型空調設備を設置して、年間を通して倉庫全体の定温管理を実現しました。

馬場さま:24時間365日、セキュリティーシステムはもちろん、警備員さんがしっかりと管理されています。倉庫内も区画ごとにセキュリティー管理されており、保税業務も安心です。

佐川急便の営業所と一体、段階的な準備で最高の倉庫設計

馬場さま:倉庫内に佐川急便さんの営業所があるので、集荷のやり取りが簡略化されました。近年、消費の多様化が進み、ますます多頻度・小ロットの配送が増えて行く中、B-to-Bだけでなく、B-to-Cにも強いセンターでなければなりません。

担当者:通常、定時、または集荷のご依頼をいただいてからトラックで集荷に伺いますが、倉庫と大規模営業所を一体とすることでトラックでの移動時間を削減できた他、弊社の大規模営業所であるため中継センターを介せず、直接各方面へ輸送することが可能になりました。また積み替えの回数も削減できたため、商品の品質を損なわないよう丁寧に運ぶうえでもメリットがあります。

馬場さま:最終的に3,500坪規模の倉庫を目標としていました。倉庫を借りるにあたっては、計画的・段階的に拡張していくことにしていましたが、実際には様々な問題が立ちはだかり、計画通りに進まなかったこともございました。しかし、倉庫や業務の将来像に関しては「首尾一貫」した方針を両者で共有し、強い信頼関係がありましたので、しっかりと問題を解決しながら進めてこられました。倉庫内も、入荷から検査→保管→流通加工→出荷まで、商品がスムーズに流れる設計が実現できました。

安全や環境問題への取り組みを共有

馬場さま:SGホールディングスグループさんは安全の取り組みがしっかりされています。勿論、当社も同様で安全が第一です。お互いに良い部分は共有させてもらっていますが、当社の安全に関する取り組みにも十分ご理解をいただけております。当社では3年前から、フォークリフトをマイカーのように考え、大切に扱う「愛車運動」に取り組んでいます。今では当社の安全文化として定着し、商品破損などの事故件数は「愛車運動」を開始した1年目と比較して40%削減させた実績があります。

担当者:SGホールディングスグループでは、セールスドライバーの研修など様々な安全性向上の努力を重ねてきております。アサヒロジさまと互いに参考にしながら安全への取り組みを推進しています。

馬場さま:この倉庫はアサヒグループの主要拠点に近いので、アサヒグループの配送ネットワークを利用しての首都圏共同配送を実現することができました。共同配送は無駄な輸送便を抑える事により、品質やコストの改善だけでなくCO2の排出量を削減する効果もありますので今後も重要な取り組みのひとつと考えています。年内にも共同配送エリアのさらなる拡大を予定しています。

担当者:倉庫からの弊社による配送と、アサヒロジさま独自の配送などを必要に応じて使い分けることで、最適な配送を実現しました。

倉庫業務にとどまらない、GOALチーム一体の提案

馬場さま:当社がこの倉庫に入って数か月の間に、佐川急便・佐川グローバルロジスティクス・SGシステム・SGムービング・佐川アドバンスなど、SGホールディングスグループのグループ企業さんが色々とご提案をしてくださいました。佐川急便さんは本当に一体感のある強い組織を持った会社であることを再認識致しました。

担当者:GOALチームはお客さまと業務を進めていく中で課題を抽出し、物流業務にとどまらない幅広いサービスをご提案してまいります。

物流全体のフロー図 提案領域

営業担当者からのコメント

高い品質を求められるワインの輸入、保管、仕分けから発送まで一連の業務を一箇所に集約し、お客さまとグループ各社が一体となって商品をお届けする体制を構築することができました。現在も取扱量は増加を続けており、需要に対応できる適時適切なサービスと、さらに多くの需要を創出するご提案で、総合的にお客様のビジネスをサポートしてまいります。