ワークライフバランスへの取り組み

佐川急便では、従業員一人ひとりが職場での役割を果たすとともに、ライフスタイルやライフステージに応じて、仕事と私生活の両立を実現できるよう、各種制度を整備し、多様な働き方を支援しています。

子育てサポート企業として認定

佐川急便は、次世代育成支援対策推進法の基準適合一般事業主として2014年5月15日付で厚生労働省より「子育てサポート企業」として認定を受け、「くるみんマーク」を取得しました。
今回の認定は、従業員が安心して仕事と育児・介護を両立できるよう職場環境の整備に取り組んできたことが評価されたものです。

次世代育成法支援対策
行動計画目標(骨子)
  1. 長時間労働の抑制および年次有給休暇取得を促進する
  2. 性別を問わず、子育て世代や介護世代に対し、諸制度の周知および取得環境の整備を行う
  3. 社員の健康管理をサポートし、心身ともに健康で長く働き続けることができる職場環境を構築する
行動計画期間 2017年4月1日~2020年3月31日
次世代育成支援対策推進法とは
2005年4月から全面施行された「次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、かつ、育成される環境の整備を図る」を目的とした法律のことです。(2025年3月31日までの有効期限)

両立支援制度の充実

佐川急便では、従業員が仕事と育児を両立し充実した生活を支援することを目的として2016年3月21日より、さらに制度を拡充しました。

子育て支援

妊娠した女性従業員にマタニティバッジを配布

妊娠した女性従業員にマタニティバッジを配布

育児休業を2回取得した練馬営業所の高瀬さん(セールスドライバー職)

育児休業を2回取得した練馬営業所の高瀬さん(セールスドライバー職)

育児休業 子供が3歳になる前日まで取得することができます
育児短時間勤務 子供が小学校4年生の終期(3月31日)に達するまで取得することができます
出生休暇 配偶者の出産にあわせ、出産(予定)日から前後1ヶ月以内に3日間の休暇を取得することができます
看護休暇 小学校4年生の終期(3月31日)に達するまでの子供の病気や怪我の看護、予防接種や健康診断のため、年間最大10日間(子供2人以上の場合は、20日間)の休暇を取得することができます

家族を含めた座談会

家族を含めた座談会

佐川急便では、妊娠中や産前産後・育児休業中の従業員および復職者を対象に「産休・育休座談会」などを開催し自らの働き方を考える機会を設けています。従業員一人一人が、やりがいを感じながら働き、職場での役割を果たすとともに、より豊かな私生活を両立するためには、家族の協力や職場全体で支え合うことが不可欠です。今後も、従業員の子育てとキャリアの両立支援に取り組むとともに、各個人の状況に合った柔軟な働き方を選択できる魅力ある企業風土の醸成に取り組んでまいります。

介護支援

介護休業 介護が必要な家族のために、介護短時間勤務とあわせ、通算180日間取得することができます
介護短時間勤務 介護が必要な家族のために、介護休業とあわせ、通算180日間取得することができます
介護休暇 介護が必要な家族の介護や通院の付き添いなどの世話のため、対象家族1人につき年間で最大10日間、休暇を取得することができます

健康づくりサポート

「健康100日プロジェクト」期間中に参加したマラソン大会(東海支店)

「健康100日プロジェクト」期間中に参加したマラソン大会(東海支店)

人間ドックや大腸がん検診、インフルエンザ予防接種、その他婦人科検診(子宮頸がん・乳がん・骨密度)の費用補助制度があります。
また、SGホールディングスグループ健康保険組合の協力のもと、全事業所に体重計を設置し肥満予防対策に取り組む他、従業員の健康意識や相互コミュニケーションの向上を図る「健康100日プロジェクト」を実施しています。

「SGホールディングスグループ 健康ダイヤル24」利用案内冊子

「SGホールディングスグループ 健康ダイヤル24」利用案内冊子

また、社外に健康相談窓口「健康ダイヤル24」を設置し、24時間365日いつでも社員とそのご家族が、健康に関することや育児・介護に関する悩み等を専門家に相談することができます。

電話カウンセリング 匿名で相談可能/相談料無料
Webカウンセリング
面談カウンセリング 1人年5回まで無料
全国の提携カウンセリングルームで受けられます。