安全への取り組み 子どもたちの安全を守る

幼い命を守るため、一人でも多くの子どもたちが危険を回避できることを願って、子どもたちに交通ルールを守ることの大切さを伝える「さがわきゅうびん交通安全教室」を開催しています。

子どもたちの笑顔を守る「さがわきゅうびん交通安全教室」

地区ごとにおこなっていました子供向けの交通安全教室を、2003年度より「さがわきゅうびん交通安全教室」として園児から小学校低学年の児童を中心に、本格的な全国展開をおこなっております。
心身ともに発達段階にある子どもたちは、好奇心が旺盛な反面、注意力が低く、交通ルールの理解も未熟なことから、思いがけない行動に出ることがあります。この未来ある子どもたちを、悲惨な事故から守りたいという強い思いを胸に、2013年度までに、全国で7,921回実施し、109万5,860名もの方々が参加しました。
この交通安全教室は、子どもの目線に立ち、実際に使用しているトラックや着ぐるみなどを用いた判りやすい内容となっており、教育機関やPTA、警察関係者からも高い評価をいただいております。
また、実施するのは特別なスタッフによる開催ではなく、その地域にある営業所で働くドライバーや社員が実施しております。
このように、より多くの社員が参加することで子どもたちとのふれあいを通して、安全に対する意識の向上を目指しております。
2013年度は、1,375名のドライバーが参加し、共に学ばせていただきました。

子どもたちからの贈り物

かわいいメッセージをたくさんいただきました

佐川急便人吉営業所では、地元の幼稚園児80名を対象に、「さがわきゅうびん交通安全教室」を開催いたしました。
信号の色の意味、横断歩道の渡り方、死角の危険性などについて学んでいただき、最後に子どもたちから心温まる贈り物をいただきました。
現在は、人吉営業所に飾っており、社員全員の更なる安全意識の向上へと繋がっています。