広告・宣伝

佐川急便のTVCMをご紹介します。

『母になって』篇

子育てしながら働く、佐川急便の女性セールスドライバーを主人公に描きました。不安や戸惑いでいっぱいの育休中、実家の母親から届いたエールに勇気づけられた主人公が、子どもと一緒に成長し、職場復帰後は自らがもらったエールを届けるべく前進していく――佐川急便のセールスドライバーの仕事の中心にある、「想いやエールも大切に届けている」というメッセージをストーリーの柱にしながら、女性の活躍を推進する佐川急便の企業姿勢を伝えています。

初めての子育てに戸惑う中、実家の母親の手紙に目を潤ませるシーン、子どもが言った何気ない一言に驚き、成長の喜びを実感するシーン、大切な手紙をお守りにしながら職場に復帰し新たな気持ちで仕事に励むシーン…主人公の心の動きが感じられる印象的な場面を重ねながら、働くママたちの共感につなげます。

『母になって』篇

【ON AIR:2018/11/01~】

『母になって』篇(ロングバージョン)

『ドローンが見た巨大倉庫』篇

今回の『ドローンが見た巨大倉庫』篇で、織田裕二さん演じる「GOAL®」のプロジェクトチームリーダーが訪れるのは、造船所です。お客さまとの会話から課題を見出し、課題解決にチーム「GOAL®」で挑む姿が描かれています。
今回ご紹介するソリューションは、RFID(=無線読取システム)を活用した造船物流です。「まとめて、仕分けて、ムダを省く」という佐川急便の従来のソリューションを応用し、RFIDを活用した生産工程におけるヒト・モノの一元管理を提案します。巨大な資材倉庫に置かれた膨大な量の資材の中から、必要な資材をピンポイントで探し出して造船現場へ供給。時には半日以上も作業工程を止めて行うこともある資材探しも、RFIDを活用することで大幅な時間短縮を可能にします。これによりお客さまの生産性の向上に寄与するストーリーです。

昨今、「運ぶ」に求められる課題は急速に変化しています。宅配便は、すでにSAGAWAの「運ぶ」の一部でしかありません。お客さまのビジネスのあらゆる求めに応じて、SAGAWAは「運ぶ」の先まで「物流」をトータルプロデュースいたします。お客さまと共に、物流の進化を更に加速させるチーム「GOAL®」の活躍をテレビCMで是非ご覧ください。

『ドローンが見た巨大倉庫』篇

【ON AIR:2018/09/06~】

Get Adobe® FLASH® PLAYER

Firefoxでこのページの動画をご覧いただくにはAdobe Flash Playerが必要です。インストールされていない方はバナーをクリックしてダウンロード・インストールをお願いします。

「セールスドライバー®」(佐川急便の集荷・配達や営業活動を兼ねるドライバー)は、SGホールディングス株式会社の登録商標です。